白髪染め

2014年02月18日

最近、白髪がとっても気になってきました。

なんか確実に増えてきているような。。。

先月、美容院に行って白髪について相談してみたら、まだそれほど多くはないと言ってくれましたが。。。

白髪染めした方がいいんですかねと聞いてみたら、白髪染めも普通のカラーリングも変わらないということなのですが、説明してもらったけどなんかよく分かりませんでした。

白髪染めシャンプーとかコマーシャル見ていると、つい見てしまっている自分がいます(笑)

クーポンサイトで白髪用ヘアカラーが62%オフで出ているのを発見しました。

vegetable

62%OFF【1,575円】≪☆送料込☆自然素材で作った白髪用ヘアカラー☆野菜の天然成分で美しい髪色へと導きながら、高い保湿・補修力をサポート!「ベジタブルカラー 200g」アボガドブラック or パンプキンブラウン or トマトブラウン or オリーブブラウン≫

特徴は:

●使う程に美しく艶めく髪へと導いてくれるカラーリング
●イオン結合でしっかり浸透&自然な発色をサポート!
●痛みの原因のアルカリやジアミンは一切不使用◎
●たっぷり200g入!PH6.0だから髪と頭皮に優しい使い心地☆
●なりたい髪色にあわせ、4カラーから選べる♪

<カラー>
☆下記4色よりお選びいただけます!

・アボガドブラック
・パンプキンブラウン
・トマトブラウン
・オリーブブラウン

<内容量>
200g

<簡単4ステップ>
ステップ1:塗る
カラーブラシに適量をとり、気になる部分にまんべんなく馴染ませる(白髪部分は念入りに)
※爪の間に入ると着色し、とれにくくなりますので、塗布やシャンプー時は手袋を着用し、カラーブラシの使用をオススメいたします

ステップ2:置く
お手持ちのヘアキャップやラップなどで髪を包み、15分〜20分ほど時間をおきます。しっかり染めたいときは長めに時間をおきます
※ドライヤーで温めるとより効率がアップします

ステップ3:洗う
ぬるま湯でしっかりすすぎ、シャンプーで洗います。色つきの水、泡が出なくなるまでよく流します

ステップ4:乾かす
しっかりすすいだ後、タオルドライをし、乾かします。トリートメントはされなくて大丈夫です。ツヤと手触り感がでます
※髪が濡れたままですと、衣服・タオル・寝具等に色が付く可能性があります。浴室の壁や床に流した水や泡がついたままにならないように気をつけてください

<裏技レシピ>
複数色購入し、カラーを混ぜ合わせれば、オリジナルカラーだって楽しめる♪

☆赤みを消しながら深くしっかりとしたダークブラウンになりたいなら
アボガドブラック3:オリーブブラウン1

☆明るく自然な黄色になりたいなら
パンプキンブラウン3:オリーブブラウン1

これからどれが自分にいい白髪用製品なのか、いろいろ検討してみたいと思います。

くまポン


にほんブログ村 美容ブログ 白髪・白髪染めへ
にほんブログ村


maison1105maison1105 at 12:00│コメント(1315)

2012年02月26日



お、韓国のヘアカラートリートメントか!
と思ったらこちらは白髪染めでした。

●紅参:髪の弾力と組織強化
●当薬:頭皮、髪の損傷防止
●川キュウ(せんきゅう):ツヤ強化
●甘草:頭皮の鎮静と刺激を緩和

■使用方法
●1剤と2剤をまぜ20〜30分ほどおいてよくすすいでください。

とのこと。

にほんブログ村 美容ブログ 白髪・白髪染めへ
にほんブログ村

maison1105maison1105 at 23:30│コメント(5516)
記事検索
サイト内容
タグクラウド