手作り化粧水

2006年11月16日

昔「スパスパ人間学」で放送されて以来、ずっと使っているものがこの「手作り美肌水」です。

私は毎朝晩、5分間コットンでパッティングして、お肌に水分を補給しています。

以前は手でパッティングしていましたが、資生堂のセミナーに参加した時

コットンで化粧水をパッティングしないと、目の周りなどの凹凸のあるところは水分がいかない


ということを教わりました。

セミナーの中で、コットンを使った時と使わなかった時の違いの写真が出てきましたが、明らかにその差は歴然。

それ以来熱心にやっています。

この「美肌水」のいいところは、なんといってもコストがかからない!!

だから、コットンで5分もパシャパシャしてもお財布には響きません。

普通の化粧水で毎朝晩パシャパシャしていたら、あっという間になくなってしまいますよね。

私もこの美肌水は2週間弱で100ccがなくなります。

下記の作り方は作ったものを5倍や10倍に薄めて使うようですが、私は毎回「5倍に薄めた100cc分」を作るようにしているので、
精製水:100cc
尿素:小さじ1杯
グリセリン:2滴くらい

の分量で作るようにしてきました。
それを顔に使っていますが、肌が荒れるようなことは今まで一度もありませんでした。

最近になってから、尿素とグリセリンの量を少し増やして濃度を濃くして使ってみています。

今のところお肌にはまったく異常はありません。

もし、これを読んで作ってみようと思った方はちゃんと用法を守ってくださいね!

尿素とグリセリン、一回で使う量がとっても少ないので、一回購入したら何十年分も作れそう。。。
なるべく小さい用量のものを買うことをオススメします。
尿素もグリセリンも1,000円もしないくらい安いです。
薬局で売っていますよ!

こちらも作ってみましたよ!
⇒目元老化対策…スパスパ人間学で紹介された「簡単カモミール美容液」

尿素化粧水材料
【美肌水(原液)の作り方】
《材料》
◆肥料用尿素…50g(小さじ10杯)
※園芸店で売られているもので、混ざり物のないもの、あるいは46%窒素あるいは単肥の尿素を使用してください。(1kg入り250〜300円)
◆グリセリン…小さじ1杯
◆水道水…200cc

《使い方》
美肌水の原液を顔なら10倍、手足なら5倍に水で薄めて肌荒れやシミの部分に塗って下さい。

※注意…腕の内側に塗り、一晩おいて、赤くなったり、かゆくなったら使用しないで下さい。

maison1105maison1105 at 20:47│コメント(2348)
記事検索
サイト内容
タグクラウド