プラセンタ

2007年01月14日

ピュア・メディカル ホワイテックスWHITEX乾燥した日々が続き、年末の外出続きで、すっかりお肌の調子が悪くなってしまいました。

私ってストレスと乾燥で、大人のニキビが暴発してしまうんです。。。

普段のサプリメントの他に、何かスペシャルなものを、緊急対策で、一つ加えてみることにしました。

普段は、セラミド、EPA&DHA、コンドロイチンなど、潤いや血液サラサラ効果を狙ったものを使っていましたが、総合的なものを使ってはいませんでした。

ということで、肌にいい色々な成分が入っているもの、例えば、肌荒れにいいビタミンBや、ニキビにいいビタミンCなど、それから、これが成分に含まれていると値段が高くなってしまうのですが、プラセンタが入っているのがいいのではと。

色々探してみたところ、ピュアメディカルの肌が光るサプリメント【ホワイテックス】
を試してみることにしました。

お肌にいい成分が18種類も入っているというところ、それからこのホワイテックスの自慢の主要3種類の成分が、プラセンタ、卵殻膜、ヒアルロン酸なのだそうですが、卵殻膜というのが、私には初めてで、ちょっと期待したいなと思います。

広告を読んで初めて知ったのですが、コラーゲンにも色々なタイプがあるようで、この卵殻膜には、25歳くらいからつくられなくなって減少してくる第3型コラーゲンを補ってくれるそう。

今日の時点で2月上旬発送の予約を受け付けているそうです。
楽天での評価も高いし、効果が楽しみです。

ちょっとお値段が高いのですが、スペシャルケアとして、試してみます!



肌が光るサプリメント【ホワイテックス】


1箱30袋入り(約1ヶ月分)
販売価格 9,870円(税込)

成分:卵角膜粉末、プラセンタエキス末(豚由来)、ヘマトコッカス藻色素(アスタキサンチン含有)、ヒアルロン酸(鶏由来)、ぶどう種子抽出物、加水分解シルク末、燕窩末サメ軟骨抽出物(コンドロイチン含有)セラミド含有こんにゃく芋エキス、エラスチンペプチド、亜鉛酵母、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB6、ビタミンB2、ビオチン、β-カロチン、トマトリコピン、グレープフルーツ果汁、クエン酸、香料、還元麦芽糖水飴、甘味料(アスパルテーム、L-フェニルアラン化合物)

にほんブログ村 美容ブログへ

maison1105maison1105 at 22:24│コメント(770)トラックバック(0)

2006年10月27日

私がいつか行ってみたい、憧れの場所があります。

それはスイスにある「アンチエイジングサロン」

世界中からセレブがやってくるそうなのですが、噂によると一回訪れる費用がなんと200万円!?
と以前見たテレビ番組で言っていたような。。。
(2005年5月12日 TBSテレビ「もくげき」にて、「スイスの若返り治療」が放映されました。)

その名は、「クリニック・ラ・プレリー」

【 アンチエイジング 細胞活性化療法 】
クリニック・ラ・プレリーは、スイスの南西、アルプスの山々とレマン湖を臨む風光明媚な街、モントルーにあります。
ここでは、科学的研究に基づき最新のテクノロジーを応用した療法により、健康と若さを取り戻し、免疫機構を強化するとともに、エステティックによる美容ケアも受けることができます。

そのサロンの「リバイタリゼーション (活性化療法)」というのにものすごく興味があり。

活性化療法とは何かというと、

羊の胎児の肝臓から抽出した活性物質【CLP抽出成分】を筋肉注射する療法です。この療法により、細胞の老化を抑止し、復元を促します。

とのこと。

つまり「プラセンタ」療法ですよね。

■ CLP抽出成分の効果

CLP抽出成分は老化のメカニズムに対して以下の働きかけをおこないます。
年齢とともに老化していく細胞に再生と活性化を促します。
・ 癌細胞の増殖を抑え、移転を防ぎます。
・ 免疫機構、ホルモン機構、新陳代謝に働きかけて、フリーラジカル(※)の蓄積を抑え、弱った免疫機構を活性化させます。
※ 【フリーラジカル】
自由に動き回る電子を持った分子構造のこと。フリーラジカルは非常に不安定であり、他の分子と反応しやすく破壊的作用をもたらします。

「活性化療法を受ける時期はいつがよいのですか」というQ&Aには、

活性化療法は、精神的、肉体的を問わずストレスの特別強い仕事などに携わっている方を除いては、年齢の若い方におこなっても、あまり変化が見られません。

一般的には「年齢を感じ始める」40歳ぐらいから効果が見られます。具体的には、頭の働き、身体の動きの衰え、活力の低下、食欲不振、仕事等の意欲の低下、不眠症、偏頭痛など、老化に伴うずべての機能低下に対して効果があります。

いわば、「人生の後半」から療法の効果が現れると言えます。

とのこと。

モデルプログラムというのがHPに掲載されていましたが、空港に「リムジンでのお迎え」が来て、7日間のプログラムでうち2日間にわたってCLP療法を受けて、残りの時間はエステやマッサージ、フィットネスを楽しむというものだそうです。

私にはまだちょっと早いかもしれませんが、いつか宝くじが当たって、のんびりスイスに旅行するなんて時に行ってみたいです〜

問い合わせ先:
■ クリニック・ラ・プレリー 日本総代理店

〒105-0003 東京都港区西新橋1-2-9 日比谷セントラルビル14階
TEL: 03-5532-7248 FAX: 03-5532-7858
URL: http://www.cliniquelaprairie.jp/

〒104-0061 東京都中央区銀座3-5-8 銀座ASビル5階 「AACクリニック銀座」内
TEL: 03-5250-7747 FAX: 03-5250-7747
URL: http://www.chelation-navi.com/clinic/

アンチエイジング療法の母国スイスの豪華クリニックが提供する
「活細胞セラピー」を日本でもご自宅で体験できるようになりました。

【あなたも20代前半の若さに戻れる!】アンチエイジングの本家本元スイス製MFIII羊プラセンタカプセル。世界のセレブ・モデル達が大絶賛!1粒1740mgの超高配合。サプリメント界のロールスロイス!【C-SHOP】【あなたも20代前半の若さに戻れる!】
アンチエイジングの本家本元スイス製MFIII羊プラセンタカプセル。
世界のセレブ・モデルが絶賛!
1粒1740mgの超高配合。
サプリメント界のロールスロイス!

希望小売価格:25,000円
販売価格:21,000円


その効果は…
・肌の若返りと老化防止
・肌のキメと色ツヤの向上
・毛穴がすっきりして、くすんだ肌に輝きが戻る
・肌にハリが出て厚くたまった古い角質が取れ、シワが減る
・肌に沈着した色素が薄くなる


【他のプラセンタ製品とMFIIIの違いとは?】

通常のプラセンタの商品(スイス以外で製造されているもの)
は細胞の抽出時に細胞を生かしておく技術がないために
細胞は死に、胎盤の中にあるプロテインやビタミンのみが
残り、単なるビタミン剤と化してしまっているのが現状です。

現在世界で細胞を生きたままカプセルにできる技術を持っているのは
スイスとドイツとのみとなっております。

またサプリメントと致しましては、世界中で現在MFIIIのみです。
Cell Culture(英語名)というスイスで開発されました技術・細胞抽出技術により
細胞の生命を存続させながらカプセル状にしているわけですが、
その抽出工程が非常に高度なため、お値段の方も通常の
プラセンタよりも高価です。

MFIIIの効果は、スイスのクリニックで受けるプラセンタ注射に
限りなく近い効果を楽しむ事ができます!

maison1105maison1105 at 22:08│コメント(770)
記事検索
サイト内容
タグクラウド