2006年07月

2006年07月26日

豊胸についてのサイトを色々見ていたところ、共立美容外科のページにて「リップリング」という言葉を発見。
読むとちょっとコワイことが書いてありました。
リップリングとは特に生理食塩水バッグで顕著に見られる現象で「バッグの辺縁がペコペコと触知される」状態を言います。
コヒーシブシリコンバッグ以外の全てのバッグに言える事なのですが、バッグそのものを揉んだり、わしづかみにした場合はそれ程不自然な感触ではないけれども、バッグの辺縁をなでるように触るとバッグの外袋の部分が波打っているように感じる事があります。これをリップリングと呼んでいます。
特に乳腺下にバッグを挿入した患者様で元来痩せていて皮下脂肪や乳腺組織のボリュームが少ない方では皮膚の直ぐ下にバッグが挿入されますので、リップリングが現れる可能性があります。
部位としてはバストの外側やアンダーバストによくみられます。これは患者様の乳腺組織や皮下脂肪の問題なので手術だけでは解決出来ません。少し、体重を増やすか、気になれば後日その部分に「自己脂肪注入」を行うという手段はあります。
http://www.kyoritsu-u.com/old/operation/contents/houkyou/shousai.html#shousai10

「バッグの辺縁がペコペコと触知される」
「バッグの辺縁をなでるように触るとバッグの外袋の部分が波打っているように感じる事があります。」

。。。

自分の胸にそんな感触があったら…
想像するととってもコワイです。

豊胸のトラブルは、胸が固くなるだけではなかったのですね。

入れるバッグの種類や入れる場所によってさまざまなトラブルの可能性があるようです。

さらにリップリングについて情報を探していたら、CMCバッグを入れたヒトの、
「痩せている為かリップリングと波打ったように谷間にシワが寄っている」
という相談と、それに対するドクターの回答がありました。

http://www.biyougeka-chat.com/qafile2/109587.html

その人は2カップは大きくなったのですが納得がいかず、再手術してもっと大きくしたいそうですが、再手術のリスクを心配されているようです。

それに対するドクターの回答は:
・大きいバッグをいれればリップリングがさらに気になる可能性の方が大きい。
・大きなバッグを入れれば入れるほど拘縮のリスクな高くなる。
・リップリングを目立たなくさせるにはバッグの種類を変えたり、乳腺下から大胸筋の下に入れ替える方法もある。

とのことでした。

色々な情報を見ていると、

リップリングの対策は:
・やせているヒトは大胸筋下に入れる
・リップリングになりにくいバッグを選択する
・もしリップリングが出来てしまったら、太るか、自分の脂肪を胸に注入する、もしくはバッグを大胸筋の下に入れなおす

のようです。

最初から大胸筋下に入れておけば、いいのかもしれませんが、大胸筋下に入れると、仕上がりがやわらかくなかったりするようですね。
大胸筋の下にバッグがあると、筋肉で覆われてしまうために立っている状態でも寝ている状態でもバストの形が変わらない、スポーツしてもバストが揺れない、大胸筋に力を入れるとバッグが移動する、などの欠点もあるそうです。
そのほか、
「生理食塩水バッグなどの感触に劣るバッグを挿入する場合は大胸筋下法が選ばれます。これはバッグの不自然な感触を大胸筋で補う目的です。」
とも書いてあります。
http://www.kyoritsu-u.com/old/operation/contents/houkyou/shousai.html#shousai10

それにしても、大胸筋の下に入れるのってものすごく痛いようですね。
「手術の際に大胸筋を肋骨から剥離する際にかなりの出血や大胸筋を剥離した事により手術後に強い痛みがある」
そうです。
う〜、読んでいるだけで血の気が引きます

豊胸術レファレンスガイドには:
大胸筋下の手術の場合、術後 かなりの痛みが伴います。特に術後1〜3日間は通常の痛め止めではほとんど眠れない方もいるほどです。乳腺下の場合は大胸筋下の約3分の1程度の痛みですが、やはり1〜3日間は痛みがあります。
と書いてあります。

私が10年前脂肪吸引の手術をした時、麻酔が醒めて目覚めたら、隣のベットの女性が豊胸手術をしたようで、夜中ずっと「いたい、いたい」と言っていました。
その時、「豊胸手術ってすごく痛いんだな…」
と思ったものです。
今は、当時よりずっと痛みのコントロールというのは、医学上すすんでいるそうなのですが…。

でも、私が年末に胸への脂肪注入をした時、死ぬほど痛かったです。。。
あれは、ホント痛かった


BREAST-AUGMENTATION.JP - 湘南美容外科の運営サイト
豊胸についての情報をとても詳しく教えてくれています。
とても参考になります。

バストアップ豊胸術がインターネット限定で特別価格でご提供。
信頼と実績の美容整形外科「湘南美容外科クリニック」
インターネットで無料診察予約も出来ます。限定割引制度あり。



maison1105maison1105 at 20:07│コメント(1039)トラックバック(0)豊胸・バストアップ | 美容整形 |

2006年07月20日

アイルクリニック豊胸とある情報誌を見ていたところ、
豊胸手術の広告を発見。
「298,000円」というビックリ価格に最初目がいったのですが、その上を見ると、
「胸をやわらかくする薬
厚生労働省認可のドクターの診察と処方が必要なお薬です。
術後に胸がかたくなるのを防止します。」
と書いてあるではないですか。

豊胸手術を検討されていた方には当たり前の知識なのかもしれませんが、私はこの広告を見て、「胸が固くあるのを防ぐお薬」というものがあるのを知りました。
豊胸手術のあと、胸が固くなるのを防ぐため、マッサージを数ヶ月とかするのが、ものすごく痛いということは聞いてはいましたが…。

私が脂肪注入で豊胸をしたのは、シリコンや生理食塩水のバッグを入れると胸が固くなって、マッサージが痛いのが嫌だったからでした。

でも、胸が固くならず、マッサージがいらなければ、問題解決ですよね〜。

「胸をやわらかくする薬 - 拘縮予防薬」がどんな薬か興味がわいてきて、調べてみました。

インターネットで色々調べてみたところ、
「アコレート」と「ユベラ」というお薬のようです。
ですが、この2つの薬には「胸をやわらかくする」という効能は書いてありませんでした。

⇒豊胸術のすべて houkyou.com

アコレート(アストラゼネカ)
気管支喘息治療剤
[効能・効果] 気管支喘息

ユベラ (サンノーバ・エーザイ) 
ビタミンE
[効能・効果]
〔1〕ビタミンE欠乏症の予防および治療
〔2〕末梢循環障害(間欠性跛行症,動脈硬化症,静脈血栓症,血栓性静脈炎,糖尿病性網膜症,凍瘡,四肢冷感症)
〔3〕過酸化脂質の増加防止.効能〔2〕〔3〕に対して,効果がないのに月余にわたって漫然と使用すべきでない

ちなみに、1ヶ月あたりの費用は(2006年度の価格で計算してみました):
アコレート錠40mg:160.20円(1錠あたり)x 1日2回 x 30日分 = 9,612円
ユベラ錠50mg:6.4円(1錠あたり)x 1日2回 x 30日分 = 576円
計10,188円
保険がきかないので、100%自己負担になるかと思います。

⇒アフターケアで使用する薬剤を写真入りで掲載してくれている病院のサイトを見つけました。
http://www.biyougeka-cs.com/yakuzai/

正直驚きました。
喘息の薬とビタミンEで胸がやわらかくなるなんて。。。
本当に効果があるのか。。。?
ビタミンEは血行を良くするだけですよね?

そんな疑問を持ちつつ更なる情報を探すと

「喘息の薬として開発されたもですが、この薬の使用者に傷が柔らかくなるのが見つかり、この薬とビタミンEとの併用することにより、かたくなった乳房に効果があります。」
という記述を見つけました。

http://www.kirei.com/taiken/bad/bad54.html

「傷が柔らかくなる」
それで、豊胸後の胸が柔らかくなるのですね…。
その薬は術後3ヶ月は服用するようですね。
病院によって期間はそれぞれのようですが、豊胸手術後にこの「拘縮予防薬」を処方するのは多くの病院で取り入れられているようです。

●被膜硬縮
▼生体(人体)の異物に対する拒絶反応。異物(バックや注入脂肪)の周りに湯葉のような白い膜(繊維)を形成する。手術後 3週間から3ヶ月を目安にできる場合が多い。薄い場合には問題にならないが、厚くできた場合、胸のさわり心地が硬く感じたり、被膜の波を打った感じが判る場合がある。手術がうまくいっていても、極端に硬縮した場合、変形をおこし 痛みがでるので、バックを取り除かなくてはならない場合もある。

●対策
▼スムースタイプのバックを使用した場合、被膜によりバックのスペースが狭くなるのを防ぐためマッサージをします。テクスチャードタイプの場合、スムースタイプに比べて被膜硬縮の程度が軽いため軽いマッサージ程度でよいでしょう。
▼マッサージと超音波トリートメント
超音波トリートメントによる均一なマッサージで更に予防効果を高められます。カプセルを薄く維持することで、ソフトな触感とバランスのよい形を保ちます。術後のアフターケアをしっかり行えば、中等度以上のカプセル拘縮が予防できます。
▼被膜拘縮を抑制する治療薬
Accolate(Zafirlukast)という喘息の治療薬を内服している患者の傷が柔らかくなるという知見が発見されました。これを応用して豊胸先進国アメリカではAccolateとvitaminEとの併用により、豊胸術後の被膜拘縮を抑制する効果が認められています。上のカプセル拘縮が予防できます。

http://www.breast-augmentation.jp/operation/reference_measures.html




豊胸なら城本クリニック
ホーム > 豊胸術 > 術例写真
のページで、豊胸術のBefore、Afterの写真がバストトップで見ることができます。
どの写真もとてもきれいな仕上がりで、こんなきれいに仕上がるのならやってみたいなぁと思ってしまいました。


目の下しわには:
セルバンクにご自身の肌細胞を保存することで、若い自分の肌細胞を半永久的に保存致します。
セルバンクに保存して頂いた肌細胞は、いつでもその一部を解凍、増殖させ提携医療機関でセルコラーゲントリートメントをお受けになることが出来ます。

maison1105maison1105 at 20:28│コメント(5115)トラックバック(1)豊胸・バストアップ | 美容整形 |
記事検索
サイト内容
タグクラウド